歯医者に行った体験談

私がコンサルティングで歯医者にお世話になった時の体験談を紹介します。上の歯に違和感というかかみ合わせた時に痛みを感じたので近所の歯医者さんに行きました。あらかじめ電話で予約をしていったのですが、前の患者に時間がかかったのかどうか分かりませんが、着いてからしばらく待つことになりました。この時、すぐにWEBコンサルティングで治療してもらえると思い込んでいたので待っている間は非常にそわそわしてしまいました。他の病気と違って歯医者というのは成人しても慣れないものです。もともと汗っかきの自分は名前を呼ばれる時には手汗がびっしょりとついていました。根管治療自体は想像していたよりも痛みはなく終わったのですが、ドリルの独特の音がどうしても耳に残るというか、不安感を増長させるのでまたここで汗をかいてしまい、終わる頃には乗っていた台は目に見てわかるくらい湿っていました。非常に申し訳ない気持ちで歯医者を後にしました。この歯医者を出るタイミングで心に強く「もう歯医者のお世話にはならない」と誓うのですが、現実的には定期的に歯医者で検査を受けた方がいいのかもしれません。